誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)ガチャの引き時やタイミングは?

タガタメ ガチャ 引き時 タイミング

 

この記事では、タガタメガチャの引き時やタイミングをご紹介していきます!

 

誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)は、錬金術によって混沌の渦巻く世界において繰り広げられる物語です。

 

本編開始時には錬金術は混沌の原因として封印されているのですが、世の中の動きによってその封印が解放、主人公が活躍していく、という物語です。

 

スマホRPGといっても、そのジャンルはタクティクスRPGと称されており、最も戦略性を求められるジャンルといっても過言ではありません。

 

ストーリーやシステムまで、かなり本格的な作りとなっていますので、ライトなゲームを遊びたいという方にはあまりおススメできません。

 

自分はゲームが好きだ! 簡単操作だけのRPGには飽きた!という人はかなりハマれるゲームになっていますね。

 

キャラそれぞれに有名な声優がついていますので、声優好き、アニメ好きの方にもおススメできるゲームとなっていますね。

 

例えば早見沙織さんや、緑川光さんなど、一度は聞いたことのある人も多い声優が数多く出演しています。

 

さて、そういった豪華なキャラクターを引くためには、勿論ガチャが必要です。

 

そして、闇雲にガチャを引くのではなく、いつどの段階でガチャを引くのか、いつ勝負をかけるのか、ということを決めておくと、とても有利にガチャを引くことができます。

 

そこで今回は、タガタメガチャの引き時やタイミングの有用な情報をまとめていきますので、是非参考にしてみてくださいね!

 

タガタメガチャを引くべきタイミングは?

タガタメ ガチャ 引き時 タイミング

誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)のガチャは、幻昌石、もしくはガチャチケットを消費して引くことが出来ます。

 

1回のガチャであれば250個、もしくはガチャチケット1枚を消費、10連では2500個か10連ガチャチケットを使用します。

 

つまり、誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)では、一回のガチャ、もしくは10連ガチャのどちらかで引くことになるのです。

 

では、それぞれに違いはあるのかと言われると、もちろんあります。

 

以下にその特徴をまとめましたので、どちらがお得かを見定めていきましょう。

 

単発ガチャの特徴は?

誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)の単発ガチャ自体には、それほど目立った特徴はありません。

 

250個程度であれば、無課金でも簡単に入手することが可能になっています。

 

短い間隔でわくわく感を定期的に味わうことができる点は、単発ガチャならではの利点といえるでしょうね。

 

ただし、あまりにも多く引いてしまうと、お得なイベントのときに引けないという事態にもなってしまいかねません。

 

ガチャチケットで1回引く場合は、チケットそれぞれに利点がついてきます。

 

コラボユニット20%アップだとか、レア装備召喚などなど、様々な利点があるわけですね。

 

これらのチケットはイベントの報酬や、無料配布で入手することが可能です。

 

しかしながら、それほど頻度が多いわけではありません。

 

課金アイテムである幻昌石と比較しても、かなり貴重なアイテムだといえますね。

 

ガチャチケットはためておいても10連が出来るわけではないですし、さっさと引いてしまってもいいかもしれませんね。

 

10連をしたい場合は専用のチケットで行うことが出来ますが、幻昌石で行うものと大差はありません。

 

10連ガチャの特徴は?

誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)の10連ガチャでは、2500個の幻昌石を使います。

 

ガチャチケットは、専用の10連チケットガチャを消費することで行います。

 

他のスマホゲーのように、10連ガチャがお得になるのは、イベント時がほとんどです。

 

誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)のガチャイベントでは、初回10連が500個に割り引きかれたり、☆4が確定なるなどの特典がつきます。

 

500個に割引ということは、通常2回しか引けない幻昌石の数で10回引けるわけですからね。

 

チケットの場合はこれらの特典が受けられないことが多いので、幻昌石は10連のために残しておきたいところですね。

 

このように、単発ガチャと10連ガチャにはそれぞれ特徴があるのですが、それを踏まえた上でタガタメにおけるガチャの引き時をご紹介していきます!

 

誰ガ為のアルケミスト(タガタメ) ガチャの引き時は?

タガタメ ガチャ 引き時 タイミング

誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)の引き時というのは、どのイベントを利用するのか、という疑問に置き換えられます。

 

最もベストな引き時とは、『500個で10連が出来る割引イベント』です。

 

初回だけという制約はありますが、なんと2000個分の得になりますし、無課金でやる人にとってはここ以上に引くべきところはないでしょう。

 

どうしても石が貯まらないのであれば、1回ぐらい課金をしてもいいかもしれませんね。

 

最高の引き時には違いないので、公式の予告を見逃さないようにしたいところです。

 

まとめ

タガタメ ガチャ 引き時 タイミング

今回は、タガタメガチャの引き時やタイミングをご紹介しました。

 

ガチャチケットをうまく使って単発をし、幻昌石でイベントガチャを引きどきにする、という結論になりましたね。

 

無課金でやるのであればガチャの機会は限られますし、タイミングや引き時をしっかりと定めて、高レアリティのファントムをゲットしていきましょう。

 

とはいえ、なかなか欲しいキャラをピンポイントには入手できません。

 

タガタメにおける☆5確率は1%ですから、単純計算でも100体に1体となります。

 

それこそ、無課金攻略で進めていればガチャを引くのに必要な幻晶石があっという間になくなってしまうかと思います。

 

そこで、ここまで読んでくれたあなたには特別に幻晶石を無課金のまま大量にゲットできる裏ワザを期間限定で公開します!

 

この裏ワザは、いつまで使えるか分からないので、今のうちに試しておくことをおすすめします!

 

無課金のままプレイしたいなら、こうした裏ワザを活用して効率的に幻晶石を集めておきましょう!

 

これを使えば、課金勢が苦労して手に入れた装備も簡単にゲットすることが出来るかもしれませんw

 

それでは、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

引き続き、誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)を楽しんでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*